犬のサプリメント>コエンザイムQ10 犬猫用(S.G.J.Products)

コエンザイムQ10 犬猫用(S.G.J.Products)

体内でのエネルギー生産に不可欠な補酵素サプリ

  
S.G.J.Products  コエンザイムQ10 犬猫用
商品名S.G.J.Products コエンザイムQ10

JANコード4985885630121

メーカーS.G.J.Products

通常価格4,410円(税込)

当店価格4,410円(税込)
購入数個   

コエンザイムQ10は体内のエネルギー生産に関わる補酵素で、細胞内でのエネルギー生産全てに関わります。
ペットにも優れたサプリメントとして、多くの期待がされています。


コエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10(CoQ10)は、学名「ユビキノン」と呼ばれるビタミン様物質です。全ての細胞膜に存在し、特に心臓や肝臓、卵巣、精巣には多く含まれています。
中でも、一日に10万回も収縮する心臓では、大変重要な働きをします。
 CoQ10は体内のエネルギー生産に関わる補酵素で、細胞内でのエネルギー生産全てに関わっています。つまり、人間や動物が、生きていくために欠くことができない大変重要な物質です。 
犬猫が生きていく上で必要なエネルギーの約95%は、細胞内にあるミトコンドリアで生成されています。CoQ10はミトコンドリア内に多く含まれ、エネルギー生産に重要な役割を果たしています。  CoQ10は体内で合成される他、食品(肉、魚類)にも極少量含まれています。体内での合成は20歳頃をピークに減少しだし、40歳前後に不足状態になります。
 CoQ10は1957年ウイスコンシン大学のF.L.クレーン教授によって発見され、1958年カール・フォルカーズ博士がCoQ10の化学構造を解明。1978年ミトコンドリアのエネルギー変換におけるCoQ10の役割について、ピーター・ミッチェルがノーベル賞を受賞しています。

CoQ10の安全性

CoQ10の副作用はまずありません。もともと体内に存在する補酵素ですので、急激な毒性などはありません。しかし大量に常識を遙かに超える量を摂った場合の安全性は確認されていません。

CoQ10

CoQ10は体内でエネルギー生産する時に、必ず必要になる物質です。
 動物は呼吸をしたり、心臓を動かしたり、考えたり、見たりなど、生きていくためのエネルギーを食事から得ています。食事から摂取したエネルギー源は消化吸収され、最終的には細胞内にあるミトコンドリアで酸化され、ATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれるエネルギーに変換されます。
このエネルギー発生の酸化の過程で、CoQ10が必要になります。
 人間の身体は通常CoQ10を約700mgはもっていますが、20歳をピークに加齢とともに体内での生産量が減少し、40歳前後では殆どの人が不足しています。その理由は、体内での合成量の減少と、食品には極微量しか含まれておらず、かつ消化吸収されにくいCoQ10の性質によります。

CoQ10の効果的な摂取方法

CoQ10の一日の必要量はさまざまな研究から,30mg〜60mgといわれています。この必要量を食品から摂取するには、イワシなら約6匹、牛肉では約950gです。これはCoQ10が食品には極微量にしか含まれておらず、かつ吸収されにくい性質があるためです。

ふりかける量の目安

体重(kg)1日の目安量(g)
5kg未満2日1錠
5kg以上15kg未満1日1錠
15kg以上1日2錠



                       
原材料コエンザイム30mg/粒含有 ジェルカプセル(豚のコラーゲンを使ったゼラチン) カノラオイル
*塩、イースト、スターチ、グルテン、ラクトース、人工着色料、人工香料、添加物は一切使用しておりません。
保証成分粗タンパク質40%以上、粗脂肪0.2%以上、粗繊維6%以下、水分8%以下
内容量30粒
生産国オーストラリア